寄り付きの日経平均は続落、手じまい売りが先行

寄り付きの日経平均は続落、手じまい売りが先行
[東京 24日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比35円08銭安の2万1223円56銭となり、続落で始まっている。前週末の米国株安に加え、円高やイラン情勢などへの警戒感が重しとなっている。28、29日の20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を控えて様子見姿勢の中、手じまい売りが先行した。不動産、非鉄金属、金属製品、輸送用機器などが安い。半面、石油・石炭、海運はしっかり。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月24日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。