フランスで記録的熱波予報にパリ市が「涼み部屋」などで対策

記事まとめ

  • フランスで記録的な暑さが予想され、パリ市当局は庁舎内に「涼み部屋」を設置するほか、プールの深夜営業、冷水機の増設などの対策を始めた。
  • パリでは34度を記録し、今週内は気温が上昇、夜になってもあまり下がらないとみられている。
  • 最も気温が上昇すると予想されるのは東部と南部の一部で、ピークは27日とみられている。

フランスで記録的熱波予報、パリ市など対策に乗り出す

フランスで記録的熱波予報、パリ市など対策に乗り出す
[パリ 24日 ロイター] - フランスで6月としては記録的な暑さが予想されている。「危険が及ぶ恐れのある」熱波に備えパリ市当局は庁舎内に「涼み部屋」を設置するほか、プールの深夜営業、冷水機の増設などの対策に乗り出した。
パリでは、24日に気温が摂氏34度に迫る中、市民が扇風機などを買いに殺到。予報によると、気温は週内にさらに上昇し、夜になってもあまり下がらないとみられている。
熱波の予報はスペイン、ドイツ、スイス、ベルギーにも出ている。
フランスでは2003年8月にも熱波に見舞われた。病院が対応しきれなくなり、高齢者を中心に1万5000人が死亡している。
フランス気象局によると、今週最も気温が上昇すると予想されるのは東部と南部の一部で、ピークは27日とみられている。
これまでのところ、6月の最高気温記録は、南仏ナルボンヌ付近で2003年に記録された41.5度。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月25日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。