米無人偵察機、撃墜時はイラン領空内に=ロシア安全保障会議書記

米無人偵察機、撃墜時はイラン領空内に=ロシア安全保障会議書記
エルサレム 25日 ロイター] - ロシアのパトルシェフ安全保障会議書記は25日、米軍の無人偵察機が先週イランに撃墜されたことについて、ロシアの軍事情報は、撃墜時に同機がイラン領空に入っていたことを示していると述べた。
パトルシェフ氏はエルサレムで記者団に対し、オマーン湾でのタンカー攻撃を巡りイランの存在が背後にあるとして米国が示した証拠は質が悪く、専門的でないと語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月25日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。