トランプ米大統領、イランとの外交の道残す=米軍縮大使

[ジュネーブ 25日 ロイター] - 米国のロバート・ウッド軍縮大使は25日、トランプ米大統領はイランとの外交への道を残しているとした上で、イランによる米軍の無人偵察機撃墜に対する大統領の自制を、弱さと解釈するのは誤りであると述べた。
ウッド氏はジュネーブでの軍縮会議で「われわれはイランとの争いを始めることはせず、イランが領空を防衛する権利を否定する意図もないが、イランが攻撃を続けるのであれば、断固とした対応を取る」と語った。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月25日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。