三菱重、ボンバルディア小型機「CRJ」事業を約590億円で買収へ

三菱重、ボンバルディア小型機「CRJ」事業を約590億円で買収へ
[25日 ロイター] - 三菱重工業<7011.T>は、カナダの航空機・鉄道車両大手ボンバルディア<BBDb.TO>から同社の小型ジェット旅客機「CRJ」事業を買収することで合意した。買収額は約5億5000万ドル(約590億円)で、三菱重は2億ドル(約210億円)の債務も引き受ける。買収手続きは2020年上半期に完了する見通し。両社が25日に発表した。
三菱重はCRJ事業の保守・顧客サポート・改修・マーケティング・販売・型式証明のほか、カナダと米国にある計4カ所のサービス関連拠点を取得する。引き継ぐCRJの事業基盤を、傘下の三菱航空機が開発を進める国産初の小型ジェット旅客機「三菱スペースジェット(旧名:三菱リージョナルジェット=MRJ)」の受注活動に生かす。90席クラスは20年半ばの初号機納入を目指しており、70席クラスの開発も計画している。
ボンバルディアは今後、民間旅客機事業から撤退し、ビジネスジェット事業や鉄道車両事業に集中する。CRJの製造と部品供給についてはボンバルディアが当面続けるが、20年以降の受注がなく、現在の受注分を納入後、20年後半に製造を終了する予定。
ボンバルディアは100―150席クラスの中型旅客機「Cシリーズ」の開発費負担などにより業績が悪化。Cシリーズ事業は欧州の航空機大手エアバス<AIR.PA>との合弁にし、事実上エアバスの傘下にある。CRJは50―100席クラスの小型旅客機で、ブラジル・エンブラエル<EMBR3.SA>との競争激化で受注が振るわず、売却を検討していた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月26日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。