ボルトン米大統領補佐官らが戦争を画策=イラン外相

[ジュネーブ 25日 ロイター] - イランのザリフ外相は25日、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)らが対イラン戦争を画策していると非難した。
外相はツイッターで「イランは一度も交渉のテーブルを離れたことはない。Bチーム(ボルトン氏、イスラエルのネタニヤフ首相、サウジのムハンマド皇太子)が米国を引きずり出して、戦争を画策しているのだ」と述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月26日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。