米、自ら景気後退招くリスク 現時点で兆候なし=リッチモンド連銀総裁

[オタワ 25日 ロイター] - 米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は25日、米国が自ら景気後退(リセッション)を招くリスクが存在するとしつつも、現時点でリセッションの兆候は見られないと述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月26日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。