NY市場サマリー(25日)

[25日 ロイター] - <為替> 終盤のニューヨーク外為市場は、ドルが主要通貨に対しおおむね軟調に推移、対ユーロで一時3カ月ぶりの安値を付けた。複数回の米利下げ観測が広がり、ドル売りが進んだ。
イランと米国の緊張激化で円に逃避買いが入り、円は対ドルで1月初め以来の高値水準を記録する場面もあった。
終盤の取引で、ユーロは対ドルで0.22%安の1.1373ドル。早い時間帯に一時、1.1412ドルと3月21日以来の高値を付けた。
ドルは対円<JPY=EBS>で0.14%安の107.145円。アジアの取引時間に106.78円と1月3日以来の安値に沈む場面もあった。米国がイラン最高指導者、ハメネイ師らを対象に追加制裁を科し、円需要を下支えした。
ドルは英ポンド<GBP=D3>に対し0.32%安、対カナダドル<CAD=D4>、ニュージーランドドル<NZD=D4>でもやや軟調となった。
<債券> 米金融・債券市場では、10年債利回りが2%近辺で推移した。市場では米連邦準備理事会(FRB)が予想ほどハト派的でない可能性があるとの見方と、米中貿易戦争の行方を巡る懸念がせめぎ合っている。
セントルイス地区連銀のブラード総裁はこの日、7月の連邦公開市場委員会(FOMC)で50ベーシスポイント(bp)の利下げは必要ないとの考えを表明。「現状を踏まえると、50bpの利下げは行き過ぎと感じる」とし、「50bpの利下げが必要な状況にあるとは考えていない。しかし、25bpの利下げには前向きになるだろう」と語った。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月26日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。