米集合住宅空室率、第2四半期は前年比横ばいの4.7%=調査会社

米集合住宅空室率、第2四半期は前年比横ばいの4.7%=調査会社
[26日 ロイター] - 米不動産調査会社レイスによると、第2・四半期の米集合住宅の空室率は4.7%と、前年同期から横ばいだった。
79の主要都市圏のうち26地域で空室率が上昇した。
レイスによると、中古住宅の販売は2019年に多少変動したが、18年末に比べると増加している。
レイスは「多くの主要市場では、早ければ今年から2020年まで建設が鈍化する見通しだ。堅調な賃貸需要は引き続き空室率に反映される可能性が高い」と指摘。空室率は4%台にとどまるか、5%台前半で推移するとの見方を示した。
募集賃料の全国平均は前年同期比4.3%上昇、実効賃料も4.3%上昇した。
第2・四半期の新集合住宅建設は約47%減の3万8693戸となった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月27日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「住宅」のニュース

次に読みたい関連記事「住宅」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。