アングル:米S&Pが一時3000の大台、株式市場に追い風吹くか

アングル:米S&Pが一時3000の大台、株式市場に追い風吹くか
[ニューヨーク 10日 ロイター] - 10日の米国株式市場で、S&P総合500種が取引開始直後に初めて3000ポイントの大台に到達する場面があった。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が同日、利下げが迫っているという市場の観測を裏付ける議会証言を行ったからだ。
S&P500はその後上値が重くなって終値は0.45%高の2993.07ポイントにとどまったが、一時的にせよ3000を付けたことで今年に入って最高値更新を続けてきた株式市場をさらに勢いづかせる可能性がある。
ディレクシオン・インベストメンツのプロダクト責任者デービッド・マッツァ氏は「3000に乗せれば、株式市場により多くの投資家が興味を寄せてもおかしくない。この種の心理的効果が投資家を市場に戻してくれれば、今の相場を維持していく上でこれまで存在しなかった追い風になり得る」と話した。
S&P500が終値で2000を始めた突破したのは2014年8月26日だったので、それから約5年で1000ポイント上がった計算だ。対照的に1000から2000までの上昇には16年余りを要し、その間には2回の景気後退があった。
もちろん同じ1000ポイントの幅でも、1000から2000までの上昇率は100%だが、2000から3000では50%と違ってくる。
S&P500の中で最も有名な銘柄の一部は、2000から3000までの上昇局面で屈指の値上がり率も記録した。例えば

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2019年7月12日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。