第2四半期シンガポールGDP速報値、前年比は10年ぶり低い伸び

第2四半期シンガポールGDP速報値、前年比は10年ぶり低い伸び
[シンガポール 12日 ロイター] - シンガポール貿易産業省が12日発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、前年同期比0.1%増となり、ロイター調査の市場予想(1.1%増)を大きく下回った上、2009年第2・四半期(1.2%減)以来の低い伸びを記録した。
第1・四半期の1.1%増(改定値)からも急激に悪化。製造業の不振が続いたことが響いた。
第2・四半期GDPは季節調整済み前期比年率では3.4%減少し、約7年ぶりの大幅減となった。ロイター調査の予想は前期比年率0.1%増。第1・四半期は同3.8%増だった。
OCBC銀行の国債調査部門責任者のセリーナ・リン氏は、第2・四半期GDP速報値について「極めてひどい。市場予想の下限さえも大きく下回っている」と指摘。引き続き製造業が主な足かせになっているとした。
第2・四半期GDP内訳をみると、製造業は前年同期比3.8%減、前期比0.4%減だった。
シンガポール通商産業省はこれに先立ち、今年のGDPが1.5─2.5%増と、10年ぶりの低い伸びになると予想していた。一部のアナリストは来年の景気後退(リセッション)入りの可能性を指摘している。
アジアの他国では、韓国もリセッション入りが予想されている。また、中国が15日に発表する第2・四半期の成長率は、少なくとも27年ぶりの低水準となる見通し。[nL4N24D0C3]
OCBC銀のリン氏は、当局がまもなく通年の成長率見通しを0.5─1.5%に引き下げるとの見方を示した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年7月12日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。