米予算と債務上限、8月休会前の合意目指す─ペロシ下院議長=米紙

米予算と債務上限、8月休会前の合意目指す─ペロシ下院議長=米紙
[ワシントン 11日 ロイター] - ペロシ米下院議長は11日夜、議会が8月の休会に入る前に、債務上限引き上げと新年度予算に関する合意を目指していると記者団に語った。米紙ワシントン・ポストが11日報じた。
ムニューシン米財務長官は、政府が9月に支払い不能に陥る可能性を警告している。
今回の発言で、休会明けの9月ではなく、休会前を目標に合意を急ぎたい議長の考えが初めて示された。
ぺロシ議長はこれに先立って行われた記者会見で、予算と債務上限に関する協議について問われると、「タイミングだけに絞って話し合うだろう。議論は堂々巡りだ」と語っていた。
新会計年度が始まる10月1日までに歳出規模に関して合意がない場合、国防予算と非国防予算の大幅カットが実施される。共和党も民主党もその事態は回避したい考えだ。
また、両党ともに米政府のデフォルト(債務不履行)回避に努める姿勢を示している。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年7月12日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。