上半期ベトナム貿易収支は大幅黒字、米中貿易摩擦で恩恵

上半期ベトナム貿易収支は大幅黒字、米中貿易摩擦で恩恵
[ハノイ 12日 ロイター] - ベトナム税関総局(GDC)が12日発表した上半期の貿易収支は15億9000万ドルの黒字となり、政府予想(4300万ドルの赤字)に反して黒字を記録した。長引く米中貿易摩擦の恩恵を受けた。
上半期の輸出は前年同期比7.2%増の1225億3000万ドル。米国向けは27.4%、韓国向けが16.8%それぞれ増加した。
上半期はサムスン電子<005930.KS>製を中心とするスマートフォンが最大の輸出品目で、3.9%増の235億ドルだった。このほか、電子機器や衣料などが主要品目となった。
6月単月の貿易黒字は19億3000万ドルで、政府予想の4億ドルを上回った。6月の輸出は前月比2.2%減の214億3000万ドル、輸入は同15.9%減の194億9000万ドルだった。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年7月12日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。