トランプ氏、FRBに再び利下げ圧力 「欠陥ある思考過程」と批判

トランプ氏、FRBに再び利下げ圧力 「欠陥ある思考過程」と批判
[ワシントン 19日 ロイター] - トランプ米大統領は19日、月末の連邦公開市場委員会(FOMC)が近づく中、連邦準備理事会(FRB)に対し利下げを実施するよう改めて圧力を掛けた。
トランプ大統領はツイッターへの投稿で、FRBの政策運営を「欠陥のある思考過程」と批判し、金利は「低下すべきだ」と主張した。さらに、FRBによる利上げは行き過ぎで、利上げペースは速過ぎたとし、FRBは「正気でない量的引き締め」を止める必要があると述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2019年7月19日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。