6月ショッピングセンター売上高は前年比2.4%増=日本SC協会

[東京 22日 ロイター] - 日本ショッピングセンター(SC)協会が22日発表した6月のSC既存店売上高は前年比2.4%増となった。
6月は、休日が昨年より1日多かったことや、大手衣料品専門店が値引きセールで売上を大きく伸ばしたことなどが、好調要因となった。
業種別にみると、飲食・食物物販・サービス系のテナントがけん引役となって、全体の売り上げを押し上げたSCがみられた。一方、気温が上がらなかったことから夏物衣料の売り上げが伸び悩んだSCも多かった。映画館を併設しているSCでは、話題作が公開されたことで集客が伸び、売り上げに結びついたところもあった。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年7月22日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。