「極めて珍しい」双子のパンダ誕生、ベルギーの動物園で

[ブリュッセル 9日 ロイター] - ベルギーのペリダイザ動物園は9日、ジャイアントパンダの双子の赤ちゃんが8日に誕生したと発表した。オスとメスで、双子は「極めて珍しい」という。
双子は数時間離れて生まれ、体重は160グラムと150グラムだった。ピンク色で、まだ体毛は生えておらず、親よりもずっと小さい。世界自然保護基金(WWF)によると、母親の900分の1の大きさだという。
母親の「ハオハオ」を休ませるため、赤ちゃんは職員が24時間体制で監視し、1頭ずつ交代で保育器に入れて人工哺乳を行う予定。
同園の創設者であるエリック・ドム会長は声明で「双子出産は、現在も絶滅の危機にひんしているジャイアントパンダにとって素晴らしいニュースだ」と述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年8月13日のびっくり記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。