米家計債務が過去最大を更新 クレジットカード返済延滞増加、NY連銀調査

記事まとめ

  • 米ニューヨーク連銀の第2四半期の消費者期待調査で、米家計債務が過去最大を更新。
  • 前期から1.4%増の13兆8600億ドルとなった。
  • クレジットカードと学生ローンの返済延滞が増えているという。

米家計債務が過去最大、クレジットカード返済延滞は増加=NY連銀

米家計債務が過去最大、クレジットカード返済延滞は増加=NY連銀
[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀が13日発表した第2・四半期の消費者期待調査で、米家計債務が過去最大となり、クレジットカードと学生ローンで返済延滞が増えていることが分かった。米経済成長への重しとなりそうだ。
第2・四半期の米家計債務残高は前期から1920億ドル、1.4%増の13兆8600億ドルとなり、過去最高を更新した。
クレジットカードのローン残高は前期の8480億ドルから8680億ドルに増加し、90日以上の延滞比率は5.0%から約5.2%に上昇した。この比率は2017年以降、上昇傾向にある。
学生ローン残高は1兆4900億ドルから1億4800億ドルに小幅減少した。しかし90日以上の延滞比率は9.4%から約9.9%に上がった。
自動車ローン、住宅を担保とした与信枠(ホーム・エクイティ・ライン・オブ・クレジット、HELOC)、住宅ローンなど他の借り入れでは90日以上の延滞比率が低下した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2019年8月14日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。