米航空当局、リコール対象のマックブック・プロ機内持ち込み禁止

米航空当局、リコール対象のマックブック・プロ機内持ち込み禁止
[13日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は、アップル<AAPL.O>がノート型パソコン「MacBook Pro(マックブック・プロ)」の複数のモデルのバッテリーに発火リスクがあるとしてリコール(回収・無償修理)したのを受け、これらモデルの機内持ち込みを禁止した。
FAA広報担当者は12日、電子メールで声明を送信、「FAAはリコールされた一部のアップル製マックブック・プロのバッテリーを認識しており、航空各社にリコールについて通知した」と説明した。
ロイターはアップルのコメントを得られていない。
アップルは6月、2015年9月から17年2月の間に販売された少数の15インチ型マックブック・プロのバッテリーに過熱の恐れがあるとしてリコールを発表した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年8月14日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。