豪NBA 日本で証券業務開始、機関投資家向けに有価証券販売

記事まとめ

  • ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)グループが、日本で証券業務を開始。
  • 機関投資家向けに豪ドル建ての国債や地方債、住宅ローン担保証券などを販売する。
  • 将来的には、社債発行業務にも取り組んでいく方針。

豪NABが日本で証券業務を開始、豪ドル建て有価証券販売

豪NABが日本で証券業務を開始、豪ドル建て有価証券販売
[東京 15日 ロイター] - オーストラリアの大手銀行、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)<NAB.AX>グループは15日、日本での証券業務を開始した。機関投資家向けに豪ドル建ての国債や地方債、住宅ローン担保証券(RMBS)などを販売する。同グループ100%出資のNAB証券を新たに設立し、社長にはJPモルガン出身の外池ジャナリ氏が就任した。
ジャナリ氏はJPモルガンに33年勤め、外国証券の営業経験が長い。当面、30人弱の体制で業務を進める。
豪州では鉄道や港湾などのインフラ需要が高く、NABグループはプロジェクト・ファイナンスの組成も手がけている。今後、日本の金融機関の参加も見込み、豪ドル調達に関連してレポ取引も推進する。
将来的には、豪州企業による日本市場でのサムライ債も含めた社債発行業務にも取り組んでいく方針だ。

(布施太郎)

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年8月15日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。