印OYOが欧州で休暇用賃貸住宅事業を拡大 3億ユーロ投資へ

記事まとめ

  • ホテル事業を展開するインドのOYOは、休暇用賃貸住宅事業に3億ユーロを投じて、欧州で同事業を拡大すると明らかにした。
  • 休暇用賃貸住宅部門のOyo Vacation Homesは現在、80カ国以上で約12万5000の賃貸住宅物件を保有している。
  • 同事業でOYOは、Airbnbなどと競合する。

インドのOYO、欧州の休暇用賃貸事業拡大に向け3億ユーロ投資

インドのOYO、欧州の休暇用賃貸事業拡大に向け3億ユーロ投資
[ベンガルール 14日 ロイター] - ホテル事業を展開するインドのスタートアップ、OYO(オヨ)は14日、休暇用賃貸住宅事業に3億ユーロ(3億3528万ドル)を投じて、欧州で同事業を拡大すると明らかにした。
オヨは5月にアムステルダムに拠点に置く休暇用賃貸住宅事業@Leisureを買収した。休暇用賃貸住宅部門のOyo Vacation Homesは現在、80カ国以上で約12万5000の賃貸住宅物件を保有している。通常のホテル事業とは別に展開する同事業でオヨは、エアビーアンドビー(Airbnb)などと競合する。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年8月15日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。