円・スイスフラン下落、各国の刺激策期待で=NY市場

円・スイスフラン下落、各国の刺激策期待で=NY市場
[ニューヨーク 19日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、安全資産とされる円やスイスフランが対ドルで下落した。主要中銀が景気押し上げに新たな刺激策を打ち出すという期待でリスク選好が改善した。
対ドルで円は3営業日続落。スイスフランは2週間ぶり安値を付けた。
アナリストは、米ワイオミング州ジャクソンホールで今週開催される年次経済シンポジウムで、各国中銀が新たな施策を公表する可能性があると指摘。シンポジウムを前に、前週の長短金利逆転に端を発したリセッション(景気後退)懸念を和らげるための対策が導入される期待が高まった。
中国人民銀行(中央銀行)は17日、企業の借入コスト低下と減速している景気を後押しすることにつながる金利改革を公表。また、ドイツ連立政権が景気後退に備え財政均衡ルールを撤廃し、新たな借り入れを行う用意を整えると先週伝えられたこともリスク選好を後押しした。
TDセキュリティーズの為替ストラテジスト、メイゼン・イッサ氏は「中銀による一層緩和的な環境がリスク市場の下降を防ぐと考えている」と述べた。
終盤の取引で、ドルは対円<JPY=>で0.3%上昇し、106.66円。ドル指数<.DXY>は0.2%高の98.358。
スコシアバンクはリサーチノートで、ドル/円がテクニカル的に安定化の兆しを見せているとし、「今週末にかけてドルがさらに伸長するとみており、106.80円を超える終値を想定する」と指摘した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年8月20日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。