英首相、欧州委員長と協議 「安全策撤廃しなければ合意ない」

[ロンドン/ブリュッセル 27日 ロイター] - ジョンソン英首相は27日、欧州委員会のユンケル委員長と電話会談し、アイルランドとの国境管理に関するバックストップ(安全策)を撤廃しなければ英国欧州連合(EU)離脱を巡る合意の見込みはないと強調した。
英首相報道官は「ジョンソン首相は英国がいかなる状況においても10月31日にEUを離脱すると伝えた。合意した上での離脱を完全に望んでいる」と言及。「ただジョンソン首相は離脱合意を巡る交渉が再開され、バックストップが撤廃されない限り、合意の見込みがないことも明らかにした」と述べた。
一方、ユンケル委員長は電話会談で、バックストップを巡るジョンソン氏の具体的な提案を検討するとした一方、欧州連合のアイルランドに対する支援は不動であると強調した。
欧州委によると「ユンケル委員長は離脱合意に適合している限り、ジョンソン首相の具体的な提案を検討し、建設的に協力する意欲を改めて示した」という。
また「ユンケル大統領は、アイルランドに対するEU加盟27カ国の支援は不動であり、EUは引き続きアイルランドの利益に注意を払っていると強調した」ほか、EUは合意なきEU離脱を回避するためにあらゆることを行うと指摘。合意なきEU離脱というシナリオはEUではなく、英国の決断であるとした。



(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年8月28日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。