強硬離脱阻止したければ「法改正か政権交代を」=英下院院内総務

[ロンドン 29日 ロイター] - 英議会下院院内総務のジェイコブ・リースモグ氏は、合意なき欧州連合(EU)離脱を阻止したい議員には、法改正か政権交代の2つの選択肢があり、どちらか選べなければ英国は10月31日に離脱することになる、と述べた。
リースモグ氏はBBCに対し「嘆いたり歯ぎしりしている人々は、自分たちがしたいことに2つの方法があると知っている」と述べ、政権交代と法律の改正を挙げた。
「どちらかをする勇気や度胸がなければ、国民投票の結果にしたがい、10月31日に離脱することになる」と述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年8月29日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。