トランプ氏にハリケーン進路「書き足し疑惑」 批判に火に油

記事まとめ

  • トランプ大統領は「ドリアン」について誤った情報を発信して批判を浴びた。
  • ツイートの「正当性」を強調しようと当時の予想図を示した。
  • 図に予想円が油性ペンで手書きされており、火に油を注ぐことになった。

トランプ氏にハリケーン進路「書き足し疑惑」、批判回避狙うも逆効果

トランプ氏にハリケーン進路「書き足し疑惑」、批判回避狙うも逆効果
[4日 ロイター] -  1日、自身のツイッターでハリケーン「ドリアン」がアラバマ州にも影響すると、誤った情報を発信して批判を浴びたトランプ米大統領。4日の会見で軌道修正を図ろうと、8月29日時点の予想図を示したのだが、明らかに手書きでアラバマ州の上に予報円が書き加えられており、批判が収まるどころか逆に強まってしまった。

 トランプ氏は1日、自らのツイッターで「アラバマ州も『ドリアン』の影響を受ける可能性が最も高い」と発表。ところがその20分後、米国立気象局(NHS)が「アラバマ州は影響なし」と訂正したため、批判を浴びていた。

 この批判を和らげようと狙った会見が、火に油を注ぐ結果に。トランプ米大統領が4日の会見で示したのは、米海洋大気庁(NOAA)が先月29日に作成した、ハリケーン「ドリアン」の進路予想図だ。

 ところがそこには、明らかに油性ペンで書き足した黒い線が。実際に発表されたハリケーンの予報円から、アラバマ州南東沖に延びる黒い線が手書きで描かれていたのだ。

 トランプ氏は「当初の予想ではフロリダ州を直撃するとみられていた。他の多くの州にも影響を与える可能性があった」と、油性ペンで書き足した進路予想図を示しながら、自らのツイートの「正当性」を強調した。

 この会見の結果、SNSでの批判は収まるどころか加速。ツイッターでは「油性ペン」という言葉がトレンドワードになった。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年9月5日のびっくり記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。