米大統領、ボルトン氏を解任 イラン・アフガン政策などで対立

米大統領、ボルトン氏を解任 イラン・アフガン政策などで対立
[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米大統領は10日、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を解任したことを明らかにした。北朝鮮やイラン、アフガニスタン、ロシアなどとの外交政策を巡る見解の相違が理由と説明した。後任の有力候補には、スティーブン・ビーガン北朝鮮担当特別代表のほか、ジョン・サリバン国務副長官やリチャード・グレネル駐独米大使の名前が挙がっているという。
トランプ大統領はツイッターへの投稿で「ボルトン氏に昨夜、ホワイトハウスでの勤務はもはや必要ではないと伝えた。私も政権内の他の人間もボルトン氏の提案の多くに同意できなったかった」と明らかにし、来週にも後任を指名する考えを示した。
<「外交は大きく変わらない」>
ボルトン氏は強硬派の代表格で、トランプ大統領の国家安全保障問題担当補佐官としては3人目。北朝鮮への圧力継続をトランプ氏に助言していたほか、対イラン強硬路線を主張し、トランプ氏とイラン大統領の会談にも反対していた。さらに、ロシアやアフガニスタンに対してもより厳しいアプローチを支持していた。
事情に詳しい関係筋によると、ボルトン氏は9日、アフガン問題などを巡りトランプ大統領と激しく衝突したという。
ボルトン氏はトランプ大統領に忠実とされるポンペオ国務長官とも時折衝突していた。
ポンペオ氏は記者団に対し、ボルトン氏と意見の相違があったことを認めた上で、「どの国のリーダーも、一部の当局者が政権を去ったからといってトランプ大統領の外交政策が大きく変化すると思うべきではない」と述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年9月11日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。