JPモルガン、今年の純金利収入見通しを5億ドル下方修正

JPモルガン、今年の純金利収入見通しを5億ドル下方修正
[ニューヨーク 10日 ロイター] - 米金融大手JPモルガン・チェース<JPM.N>は10日、2019年の純金利収入見通しを約5億ドル引き下げ、570億ドルとした。同業のウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>やシティグループ<C.N>も前日、同様に見通しを下方修正している。
JPモルガンのダイモン最高経営責任者(CEO)は、当地で開かれた金融サービス関連の会合で、今年の純金利収入は以前に予想した575億ドルを若干下回る570億ドルと見込んでいると述べた。
同氏はまた、JPモルガンの第3・四半期トレーディング収入は第2・四半期を10%下回ると予想。一方、第3・四半期の企業の合併・買収(M&A)関連の手数料収入は第2・四半期から横ばいになるとの見通しを示した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年9月11日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。