香港取引所、ロンドン証取に390億ドルの買収案 成功に疑問符も

香港取引所、ロンドン証取に390億ドルの買収案 成功に疑問符も
[ロンドン 11日 ロイター] - 香港取引所(HKEX)<0388.HK>は11日、ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>に316億ポンド(390億ドル)で買収を提案したことを明らかにした。LSEが金融情報会社リフィニティブの買収を進めないことが今回の買収の条件になるとした。
しかし、英政府や欧州の規制当局から抵抗が予想されるほか、LSEの株主の説得も難題になる。LSE株主はリフィニティブ買収を肯定的に受けとめ、株式を手放すことに消極的だ。LSEの株価は香港取引所の提示額を大幅に下回って終了した。
一方、香港取引所は国際的な大型買収を実現し、香港で長期化するデモによる不透明感の払拭を狙っている。リフィニティブのデータによると、同取引所は過去10年間、ニューヨーク証券取引所(NYSE)と上場誘致で1、2位を競ってきたが、今年はデモの影響で、年初からの新規上場企業の資金調達総額が108億ドルと、NYSEの202億ドルに大きく水をあけられている。
<LSEはリフィニティブ買収に「専心」>
香港取引所はまた、外国為替相場でのポンド安をLSE買収の好機と捉えており、NYSEを傘下に置く米インターコンチネンタル取引所(ICE)<ICE.N>や米先物取引所運営大手CMEグループ<CME.O>に対抗し得る態勢を整えたい考えだ。
香港取引所は声明で「当社取締役会は、今回提案したLSEとの統合が極めて魅力的な戦略上の選択肢であり、市場インフラの世界的リーダーを誕生させる機会になると考えている」と述べた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2019年9月12日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。