独モーターショー、EV用電池などで高まる中国の存在感

独モーターショー、EV用電池などで高まる中国の存在感
[フランクフルト 11日 ロイター] - 今週開催されているフランクフルトモーターショーで中国の自動車メーカーとサプライヤーが存在感を高めている。欧州自動車各社に義務付けられた排出ガス規制を背景に、中国企業が電動化技術分野での強い立場を利用しているからだ。
出展企業数は前回2017年の994社から今年は800社に減少したものの、中国からの出展企業は73社から79社に増え、外国からの参加企業として最大のグループを形成している。
今年は、フィアット<FCHA.MI>、アルファロメオ、日産自動車<7291.T>やトヨタ自動車<7203.T>などの欧州と日本の自動車メーカーがコスト削減を理由に出展を見送った。
欧州自動車各社は電気自動車(EV)と自動運転車の開発に向けて数十億ドル規模の投資に直面。アジア勢が優勢な分野であるリチウムイオン電池などの主要技術を中国企業に頼らざるを得ない状況となっている。
欧州連合(EU)は、2007─21年で二酸化炭素(CO2)排出量を40%削減するのに加えて、21─30年でさらに37.5%削減するという厳格な規制を定めており、ドイツ自動車各社はこの規制順守に向け、電動化計画の加速を余儀なくされている。
こうした背景から各社は中国企業との大規模な契約を締結している。中国の車載電池大手の寧徳時代新能源科技(CATL)<300750.SZ>の幹部は、BMW<

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2019年9月12日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。