英の離脱協定見直し案、EUは難色か 「安全策問題解決せず」

英の離脱協定見直し案、EUは難色か 「安全策問題解決せず」
[ブリュッセル 20日 ロイター] - 英国欧州連合(EU)に提出した離脱協定案の見直しに関する草案について、EU側は争点となっているアイルランド国境管理を巡る「バックストップ(安全策)」条項の問題解決にはならないとして難色を示していると、英スカイニュースが報じた。
スカイニュースが入手した欧州委員会の文書によると、英国の草案では、1)ハードボーダー(物理的な国境)の設置が不可避、2)アイルランド全体の経済や南北協力の保護が困難、3)EU単一市場やアイルランドの立場の維持が不可能──であり、草案はバックストップの代替となり得る法的に運用可能な解決策とはいえないと指摘した。
こうした中、英国のバークレイEU離脱担当相は20日、離脱協定案を巡りEUとの合意は可能と確信していると表明。EUのバルニエ首席交渉官との会談後、記者団に対し「合意に向けた共通の意欲が示された」とし、合意は可能と語った。
「合意なき」離脱は双方に混乱を招くとし、欧州委員会のユンケル委員長とジョンソン英首相双方が「合意は実現可能」という明確なメッセージを発していると強調した。
またテクニカルレベルでの会合が来週再び行われるほか、ジョンソン首相とトゥスクEU大統領が来週ニューヨークで開かれる国連総会で会談する見通しであることを明らかにした。
アイルランドのコーブニー外相は20日、英国のEU離脱について、アイルランド国境問題を解決するような合意にはまだ近づいていないとし、英政府がしっかりした内容の提案を示す必要があると述べた。ただ、全般的なムードは改善したとの考えを示した。
外相はBBCラジオに対し、合意は可能だとしたが、溝はまだ大きいとし、アイルランド島の情勢不安や貿易面での問題といった無秩序な離脱がもたらすリスクを強調。その上で、全般的なムードは改善したと述べた。「皆が合意を望んでいる。合意なき離脱となれば皆が損をすることになるが、アイルランドと英国が特に悪影響を受ける」と指摘した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年9月21日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら