世界もビックリ! 今後フランスのメディアで「Twitter」「Facebook」は放送禁止用語に

世界もビックリ! 今後フランスのメディアで「Twitter」「Facebook」は放送禁止用語に

コミュニケーションツールとして絶大な人気を誇るTwitterとFacebook。ニュースやラジオでもこれらの名前をよく見聞きするようになり、今や世界の多くの人が知る単語となった。しかし「Twitter」と「Facebook」という言葉を放送禁止用語とする国が登場し、現在世界を騒がせている。その国とはフランス。でもどうして?

フランスにおける放送の規律・監督を行っている視聴覚高等評議会(以下、CSA)は、TwitterとFacebookの名をメディアで口にすることは、ニュースなどにおける商業的宣伝を禁ずるという1992年に定められた法令に触れるとして、今回の決断を下した。

今回の処置により、TwitterやFacebookがそのニュースにおいて重要な単語でない限り、それらの名をテレビやラジオで口にすることはできなくなった。これによるメディア側の弊害は大きく、例えば番組の終わりに「番組のTwitterアカウントをフォローして下さい」などと言えなくなる。

その代わりに「ソーシャル・ネットワーキングサイトで、私たちのアカウントを探して下さい」というぼかした表現を使わなければならない。ネット視聴が増えている今の状況を考えると、これはフランスのメディアがオンライン視聴者を獲得していく上で非常につらい重荷となった。

CSAのスポークスマンであるクリスティーン・ケリー氏は、今回の処置を支持したフランス政府の判断を高く評価しており、次のように語った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2011年6月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。