象のエサに麻薬が入っている可能性

タイを代表する動物といえば象ですよね。バンコクの街を歩いていると小象と飼い主が一緒に歩道を歩き、観光客たちにエサを100バーツで売り、観光客たちが小象にエサを与えるという商売をしているのを目にします。小象に直接エサを与える機会なんてそんなにありませんし、とても楽しい経験になるでしょう。

しかし、そんな小象を連れて歩く飼い主の中にはとても悪質な飼い主がいて、エサのなかにヘロインなどの麻薬を染み込ませておき、飼い主に忠実な象になるようにしている場合があるのです。小象たちが多くの人たちが歩くバンコクの街を歩くというのは、非常にストレスになることです。

しかし、小象たちのストレスが爆発して暴れたりしては大変です。観光客を攻撃したり、飼い主に逆らうようでは商売なんてできません。そこで、ヘロイン等の麻薬中毒にすることによって、象たちの性格を飼い主に忠実なものにし、性格を操っているのです。

そんな飼い主はごく一部ではありますが、確実に麻薬中毒の象たちは存在します。私たちが小象を見ても麻薬中毒かどうかわからないかもしれませんが、何か小象の行動がおかしいと思ったら近づいてはなりませんし、そんな飼い主からエサを購入してはいけません。

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくり海外ニュースはいかが?

あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2009年8月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。