刑務所が「ちょ、おま(笑)! 刑務所ムリだろ!」と受刑者の受け入れ拒否

台湾の刑務所が、受刑者の受け入れを拒否したとして世界中で話題になっている。この男性は台湾鉄道管理局(TRA)の寮を不法占拠したとして裁判にかけられ、実刑判決を受けていた。つまり、正真正銘の受刑者ということになる。

しかし、刑務所が「絶対にムリムリ! 受け入れられない!」と刑務所に入れるのを拒否したのである。犯罪を犯した者を刑務所に入れられない? そんなことは台湾でも前代未聞だったようで、このことはニュースとなって報道されるまでになった。では、どうして刑務所に入れられなかったのか? オカマだったとか? 人間じゃなかったとか?

実はこの受刑者、あまりに高齢なため、刑務所で世話をすることができないと判断したのである。その年齢は96歳で、元気はあるもののかなりのヨボヨボなのだとか。確かに、服役中に刑務所のミスで万が一のことが発生し、命を落としてしまったら大問題である。

検察は刑務所の受け入れ拒否に対してかなり怒っているようだが、それでも刑務所は受け入れを拒否しているため、刑務所の管轄に置かれている病院に送ることになったという。まあ、病気ではないものの、年齢を考えればよい判断をしたといえるかもしれない。

ちなみにこの受刑者の服役期間は懲役3ヶ月とされているため、すぐに普通の生活に戻れるようだ。なんでも、この事件は罰金を払えば刑務所に行かなくて済んだ事件だったらしいのだが、「絶対に払わんぞ!」と罰金の支払いを拒んで服役することになったらしい。そういうことから考えても、かなりガンコなおじいさんのようである。

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースはいかが?

あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2009年9月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。