違法改造をしたPSPを返品で店員「犯罪みたいなもんですから」

プレイステーションポータブル(PSP)には、ゲームを起動させたりPSPの操作やセキュリティに関する情報がまとめてあるファームウェアが記録されています。ファームウェアがPSPの頭脳や心臓部となり、快適にゲームをプレイできるよう、PSPを制御しているわけです。

そんなファームウェアに改造を施したものをカスタムファームウェアというのですが、それににより違法にコピーしたゲームソフトをメモリーカードから起動させることができるのです。自分で購入していないゲームソフトをコピーして所持することは違法です。さらに、コピーすること自体をソニー・コンピュータ・エンタテインメントは固く禁じています。

そんなカスタムファームウェアを施したPSPを返品しようとゲームショップに高校生がやってきたことをゲームショップ店長の「よしぷぅ」さんがブログに書いています。この店長は『なにごとも七割五分 ~マイペースてんちょのまったり日記~』というブログを書いており、高校生が「ゲームが動かなくなったからPSPを返品したい」と言ってきたとのこと。

・店長と高校生のやり取り
高校生:  新しいゲームできひんねん。
よしぷぅ:  !?
よしぷぅ:  それは…アップデートできないとか?
高校生:  そうそれ、なんにもできひんくなってん。壊れてるわこれ。
よしぷぅ:  え~っと…アップデートができない?古いソフトはできます?
高校生:  古いのはメモリーカードに入ってるからできるねん。
よしぷぅ:  メモリーカード? あぁ、カスタムファームウェアってやつですか?
高校生:  そうそう、それで新しいのできひんねん。
よしぷぅ:  あぁそれでしたら、修理も交換も返品も、買取も全部出来ませんので。
高校生:  はぁ? なんでやねん! おまえんとこで買ったやつやんけ。
よしぷぅ:  その後カスタムファーム入れたのお客様でしょ? それ犯罪みたいなもんですから。
※ブログより引用して掲載


あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2009年9月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。