【闇の大人たち】第56回:プリンタメーカーの天敵「インクサーバー」とは?

【闇の大人たち】第56回:プリンタメーカーの天敵「インクサーバー」とは?

経済危機が声高に叫ばれる昨今、インクジェットプリンタの高額なインク代に悩み、散々悩んだ挙げ句、真っ赤な家計簿を手書きする奥様も少なくないはず。

詰替えインク、互換インクなど、メーカーの隙を突いた抜け道も用意されてはいるものの、スキャンにコピーに小型液晶まで付いた多機能プリンタを一万円そこそこで放出するメーカーにしてみれば、インクを買ってもらってなんぼの世界。

何としてでも純正インクを買わせたいメーカーは、交換時期を悟られないようインクカートリッジを真っ黒に塗ってみたり、互換カートリッジの製造元を訴えてみたり、小型チップを埋め込んだりと手段を選ばず自前のインク交換を妨げ、それらが国内でじわじわ効果を上げている反面、アジアでは九割型のインクジェットプリンタに「インクサーバー」なるものが装備され、人々はタダ同然のインクで何でもかんでもプリントしまくっているらしい。けしからんけど、正直うらやましい!

インクサーバーの仕組みは簡単。プリンタ横に取り付けたインクタンクとカートリッジをパイピングして互換インクを供給。減ったインクは透明タンクで一目瞭然。注入もラクラクだ。

但し、取り付けには熟練の技術力が必要とされ、失敗すれば空気が入ってヘッドが詰まる。当然、メーカー保証が適用されるはずもなく、新品買ったほうが安いくらいの法外な修理代を請求されてしまう……。

カンボジアの首都・プノンペンの片隅で、知る人ぞ知るプリンタ専門店を訪れた。同店のプリンタはインクサーバーがデフォルト装備だが、それでいて値段はプリンタ単体とさほど変わらず、連日、迷える子羊が多数殺到している。

取り付けにかかる時間は十数分。お隣のタイをはじめ、ベトナム、中国、台湾でも、町で見かけるインクジェットプリンタには概ね同様のタンクが装着されていた。

お先真っ暗な21世紀。遅かれ早かれ日本でも流行するのは間違いない。今まで殿様商売を続けてきたプリンタメーカーの皆さんにも、一刻も早く目を覚ましていただきたい今日このごろである。
(取材・文=クーロン黒沢

写真をもっと見る

あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2011年12月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。