【長崎グルメ】これが「おじや」か!! と思わず叫びそうになる究極においしい「おじや」を出す店 一二三(ひふみ)亭

【長崎グルメ】これが「おじや」か!! と思わず叫びそうになる究極においしい「おじや」を出す店 一二三(ひふみ)亭

「おじや」と聞いて何を思い浮かべるだろうか? 鍋の締め、それとも療養中の食事、少なくともおじやは有り合わせのもので作る、間に合わせの料理と思われているかもしれません。

しかし長崎市の「一二三(ひふみ)亭」のおじやを一度食べたなら、その概念は吹っ飛びます! なぜなら、一般に浸透している「おじや感」を軽々しく飛び越えて、完全に別次元のおいしい料理に進化しているからです。もしかしたら、日本一うまいおじやが食べられる店かもしれませんッ!

・椀一杯に満たされたタマゴ
まずはそのルックスからして、従来のおじやとは異なります。少なくとも記者(私)の知るおじやではありません。椀はタマゴの黄身で満たされていて、一面がクリーム色をしています。そのうえにはゴマとネギ。黄身の色合いで、ネギの緑が鮮やかに映えています。

・タマゴのふんわり感はまるで高級フレンチ
レンゲですくって一口食べてみると、タマゴの甘味が口のなかに響き渡ります。口当たりはなめらかでしっとり。まるで高級フレンチの主菜にあしらわれたソースのよう。これはおそらく、出汁とタマゴのバランスがきっちりと整っているので、食感がなめらかになっているのではないでしょうか。

・ご飯粒は出汁の旨みで膨らんでいる
そして肝心のご飯ですが、良く見ると丸々と膨れています。しっかりと出汁を含んでいるので、このような丸みを帯びた形になっているのでしょう。

・旨さの秘密は三度炊き
おじやのおいしさに衝撃を受けていると、お店の方が「三度炊きしている」と惜しげもなく秘密を暴露してくれました。米を普通に炊き、その後に水で炊いておかゆにし、さらに出汁とタマゴを合わせてもう一度炊く。これによってご飯に出汁が浸み、旨みを吸って丸く膨らむようです。それにしても、間に合わせと思われがちなおじやにそこまで手間暇をかけるとは。完全に別物の料理に進化しているのも納得です。


あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2013年3月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら