人気TVアニメ「ハートキャッチプリキュア」にクレーム!「妖精が身震いして黄色いものを出す」

大人気の女児向けTVアニメに対し、放送倫理・番組向上機構(BPO)に視聴者からのクレームが寄せられていたことが明らかになった。同機構のホームページの「2010年3月に視聴者から寄せられた意見」のなかで発表されたもので、投稿者は「下品すぎる。日曜日にやることなのか疑問に思った」としている。

問題になっているのは、ABC・テレビ朝日系列にて放送中の「ハートキャッチプリキュア」。2010年2月から放送されている「プリキュアシリーズ」の7作目で、2人のプリキュアが世界征服を狙う「砂漠の使徒」と戦うというストーリーだ。いたって普通の女児向けTVアニメであり、絵柄も可愛らしいため人気があるのも頷ける。

しかし、視聴者からは「女の子が変身して戦い、敵に対してお尻を向けて攻撃していた。ラジオやバラエティー番組は下品だというが、子どものアニメも下品すぎる。戦いが終わって妖精が身震いして黄色いものを出すことも、日曜の朝にやることなのか疑問に思った」というクレームが寄せられた。

この「お尻を向けて攻撃」というのは、恐らく「ブロッサム・おしりパンチ」のことを指しているのだろう。これは、同アニメの主人公である花咲つぼみが変身する大地のプリキュア「キュアブロッサム」の必殺技であり、その名の通りお尻でアタックするというもの。加速状態で放たれるため、攻撃力は高い。

また同アニメでは、主人公がプリキュアに変身するときに必要な「こころの種」というアイテムをパートナーの妖精が生み出すという設定になっており、このシーンを見た視聴者が「妖精が身震いして黄色いものを出す」と苦言を呈しているようだ。

これを見たインターネットユーザーらは、「案外子供は気にせずに見ているものなのでは」「もっと酷いアニメはほかにあるだろ」「この調子でクレームの度に番組が改編されたらアニメが作れないのでは」などと同アニメを擁護する意見がある反面、「見たことなかったが思ったより酷かった」「確かに妖精がこころの種を生み出すシーンはいらない」「このシーンはどうかと思っていた」「シナリオが良くてもこころの種のシーンで台無しになる」など批判的な意見も見られた。

このニュースの元記事を読む

あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2010年4月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。