【インド宿泊の予備知識】部屋の隅々を確認する

【インド宿泊の予備知識】部屋の隅々を確認する
       

「部屋の隅々を確認する」と題して、インド宿泊の予備知識をお伝えするこの記事。インドのホテルのなかには、欧米の外資系ホテルが多数存在している。ヒルトン、シェラトン、ラディソン、ハイアットなどがその一例だ。また、金額的に下をみれば星の数ほどの低料金宿泊施設が存在する。

ここでは、それら多くのホテルでの注意事項をいくつか紹介していく。自分の泊まるホテルのクラスにあわせて、必要な情報を覚えておこう。

部屋の隅々を確認する ……
シャワーの水力が極端に弱い、テレビがノイズだらけで良く映らない、ベットのマットが湿っぽい(もしくはバネが壊れている)、ゴキブリやネズミなどがいる(もしくはその形跡がある)など、低料金のホテルではよくある話である。

部屋を確認して問題があったのならば、宿泊費とあなたのガマン度を天秤にかけ、ガマンできるレベルかどうか判断しよう。ちなみに、アリやクモ、チンチョ(ヤモリ)などはインドのホテルによく出現するので、気にしているとどこにも泊まれなくなる。

どうしても嫌なのであれば、2000インドルピー以上の高級ホテルをオススメする(それでも出ることはあるが)。ちなみにタイランド・バンコクのヒルトンホテルでは、スイートルームにもかかわらず蚊が多く出現したという報告が編集部にあった。

南アジアや東南アジアのホテルに泊まる限り、虫からは逃れられない運命なのかもしれない。余談だが、インドのホテルによってはモスキートコイル(蚊取り線香)の使用を禁じている場合があり、ルールを破ると罰金を科せられることもあるので注意しよう(ニオイが部屋につかないようにするため)。

あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年12月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。