【不動産豆知識】事故物件で何があったか簡単に調べる方法 / 安く借りられる可能性アリ

人が殺されたり自殺したりするなど、借りる上で心理的に何らかの欠陥・欠点を有する物件を『心理的瑕疵物件』や『事故物件』と呼んでいます。

もちろんそういった物件は、借りる前に不動産屋が告知をする義務があります。不動産サイトでは「心理的瑕疵(かし)あり」とだけ表示されることが多く、どんなことが起きたのかを調べることはできないことが多いです。

異様に安いけどココって事故物件? と思うことはありませんか? 気になる物件で何が起きたのか簡単に調べることができます。その方法をいくつかご紹介しましよう。

・不動産情報サイトで検索する
不動産情報サイトで「瑕疵あり」や「事故」などと検索。そうすると瑕疵物件の一覧が出てきます。とりあえずそこで何かがあったことは事実ということになります。では、そこで詳細な事故の内容が書かれていなかったらどうすればよいでしょうか?

・事故物件サイトをチェックする
そんなときは、事故物件の情報サイト『大島てる』で、その物件の住所を調べると「自殺」や「火災による死亡」など、詳細な事故の内容を調べることができます。

ただ、『大島てる』に書かれている内容はかなり具体的なものが多いので、オモシロ半分で検索するのは生々しいのも事実。閲覧は考えて判断しましょう。ちなみに、ここに掲載されていない事故物件は、漏水や人が亡くなっていない瑕疵物件の可能性が高いです。

・不動産屋でストレートに聞く
別の方法で知ることもできます。不動産屋は事故物件を借りようとしている人に教える義務があります。なので聞けば教えてくれるのですが、事故発生後、一度でも誰かが住んだ物件に対して、事故物件だったことを客に伝える義務はありません。つまり普通の物件として紹介できますし、事故物件かと聞かれて「そうです」と言わなくていいのです。


あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2013年5月7日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。