【サッカー裏話】反日感情高まる中国で出会った「ひとり日本代表ユニフォームを着ていた中国人」

【サッカー裏話】反日感情高まる中国で出会った「ひとり日本代表ユニフォームを着ていた中国人」
本当にサッカーが好きな中国人は、“スポーツとしてのサッカー” が好きな中国人は、「日本のサッカー」のことを悪くは言わない。みんながみんなそうではないが、多くのサッカー好きな中国人、そしてサッカーのことを報じる多くの中国メディアは、恐ろしいほどに謙虚である。

そこに “反日感情” なんて一切ない。あくまでも純粋に「サッカー」を論じているのだ。それでは、サッカーに乗じての反日感情が突如むき出しになった “あの時” はどうだったのだろうか。2004年に中国で開催された『AFCアジアカップ2004』の時である。

・反日感情がムキ出しになった重慶
アジアカップ2004における反日感情がピークに達したのは8月7日、決勝戦(日本vs中国)の北京だった。暴動にまで発展した。だが、それ以前もスゴかった。そもそも、突如として反日感情がムキ出しになったのは重慶だった。それはもうスゴい有り様だった。でも、そこには、今回ご紹介するような中国人サッカーファンもいたのである。

・GK川口が神セーブ連発したあの日
2004年7月31日、場所は重慶オリンピックスポーツセンター。グループリーグを勝ち進んだ日本代表は、準々決勝においてヨルダンと戦い、奇跡のPK大逆転で勝利をおさめた。GK の川口能活が、「神」とも称されるスーパーセーブを連発した伝説の死闘である。現場にいた数十人の日本サポーターは、奇跡の勝利に歓喜した。その中に、私(筆者)もいた。

あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2013年11月27日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら