タイの大富豪が作った世界一デカい木造寺院「タイのサグラダファミリア」に行ってみた!

タイの大富豪が作った世界一デカい木造寺院「タイのサグラダファミリア」に行ってみた!
拡大する(全1枚)
タイで最強に治安がひどく、退廃的な町といえば、首都バンコクからバスで2時間。チョンブリー県の一大歓楽街・パタヤをおいて他にない。

この乱れきった町の外れに、その名も「真実の聖域」。英語で「サンクチュアリ・オブ・トゥルース」と呼ばれる、世界で一番でかい木造建築の凄まじい寺院がある──と聞いて行ってみた。

・タイのサグラダファミリアとは
この寺、実は個人の所有物で、もともとはタイ有数の大富豪、レック・ヴィリヤファン(Lek Viriyaphant)さんが私費を投じて建て始めたもの。しかし着工から30年経った今も工事は継続中。いつになったら完成するのか誰も知らず、建築を命じたオーナーも2000年に他界。寺はいつしか「タイのサグラダファミリア」と呼ばれるようになった……。

・なんでこんなに高いんだ!
パタヤ中心街から乗合トラックでうら寂しい路地をひとっ走り。路地裏に現れる巨大なコンクリ門でチケットを購入する。まだ未完成にも関わらず、拝観料は驚きの500バーツ(約1500円)。高い!

参考までに、タイで最も格式が高い「エメラルド寺院」と「王宮」をダブルで拝観しても400バーツ。チケットの高さに鬱々とした感情を覚えるも、しばらく歩いて実物の神殿を目の当たりにした瞬間、ちっちゃな事でもやもやした自分がアホに思えてきた。

・釈然としない何か。でも感動!
縦・横・高さそれぞれ100メートルを超える巨大神殿「プラーサート・サッタム」は、カンボジア・中国・インド・タイの神話をモチーフにした様々な彫刻でごってごての無茶苦茶に飾り立てられ、その病的な集積度は見ているだけで胃もたれがするほど。

当時の記事を読む

ロケットニュース24の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク