何て重厚なサウンドだ! インコがボーカルのヘビメタバンド「HateBeak」が猛烈にカッコイイ!! 過去に犬ボーカルバンドとコラボも

何て重厚なサウンドだ! インコがボーカルのヘビメタバンド「HateBeak」が猛烈にカッコイイ!! 過去に犬ボーカルバンドとコラボも
いまだかつて、これほどまでにヘビーメタルなバンドがいただろうか? このバンド「HateBeak」のボーカルのメタル感といったらハンパではない! メタルのなかのメタル!! もはや人間業ではないといっても過言ではない。実はこのバンドのボーカル、本当に人間ではなかった!?

バンドのボーカリストを務めているのは、なんとインコなのである。このインコのシャウトは、メタル界屈指の実力を持つボーカリストを凌ぐ力量なのだ。アレンジしているとはいえ、インコのシャウトとメタルサウンドは結構合ってる! これからのメタルシーンは、鳥類の活躍が目覚ましくなるのかもしれない!?

・2人と1羽
ボーカルを務めるのは、ウォルドという名前のヨウム(大型インコ)である。バンドメンバーはウォルドのほかに、エンジニアのブレイク・ハリソンさんと、ギター・ドラムを担当するマーク・スローンさんの2人+1羽のスリーピースである。2004年に結成し米ボルチモアを拠点に活動開始した。

・ライブで見たい!
インコと侮るなかれ。YouTubeや音楽のコミュニティサイトのMy Spaceに公開された楽曲を聞くと、歌詞やメロディーはなくても、サウンドに宿した魂はひしひしと伝わってくる。重苦しい音の洪水のなかを、ウォルドのシャウトがまるで飛翔するがごとく炸裂しているのだ。これはライブで見てみたい!

・しかしライブできなかった
と思うのだが、彼らは決してライブを行わなかった。というのも爆音のなかにウォルドを晒してしまうと、虐待になってしまう。ブレイクさんは「我々はライブをしない」と公言していた。活動がもっとも盛んだったとき、彼らはその素性の一切を明かすことなく、ミステリアスなスタンスで活動していたという。

あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2014年11月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら