【にゃー】「メシくれ〜」「なでて!」ネコは “16種類もの鳴き声” を使い分けている? しかも人間に対してだけとな!?

【にゃー】「メシくれ〜」「なでて!」ネコは “16種類もの鳴き声” を使い分けている? しかも人間に対してだけとな!?
ネコが「ニャー」とひと鳴きしたとする。ネコはなぜ鳴いたのだろう? きっと理由があるはずだぞ……。エサをねだっているのだろうか? 遊んでほしいのだろうか? というふうに、ネコは鳴き声のトーンや仕草などで、気持ちを伝えてくることはみなさんもご存知の通り。

そしてこの度、ネコは16種類もの鳴き声を使い分けて、人間に気持ちや要求を伝えようとしていると専門家らが発表したのである。16種類だって!? その上、人間の前でだけ使い分ける鳴き声もあるのだとか! ええ? なんでだろう?

・人間にだけ言う「にゃー」
「ネコの鳴き声」について言及したのは、ゲイリー・ウェイツマン博士。著書に『How to Speak Cat(ネコとのしゃべりかた)』なんてあったりとネコのエキスパートだ。彼によると、ネコの鳴き方には16通りあり、その上、人間に対してだけ使い分けている鳴き声もあるというではないか!

・「ごはん」のニャーと、「なでて」のニャーは違う?
なぜならネコは私たち人間に、何らかの気持ち・要求を伝えているからだ。「メシくれ~」「なでれ~」「ドア開けれ~」などなど、ネコたちが鳴くと、人間はネコが何をしてほしいか察して、その要求を叶える。その気持ちを伝えようと、ネコたちは微妙に鳴き方を変えているというのである。

・ネコ同士では、頼みごとはしない?
しかしこんな頼みごと、親子の関係でなければ、ネコ同士ではあまりしないもの。だから “対人間” だけの鳴き方がある訳なのだ。果たしてニャンコたちが「こう鳴けば、飼い主さんがああ動いてくれるニャ~」なんて、あの小さな頭で理路整然と考えているかは分からないが、「ネコは確かに鳴き分けています」と動物行動学の専門家ボニー・ビーバー博士も支持している。

あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2015年4月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら