世界一長い名前に改名した男! しかし誰からも呼んでもらえず

世界一長い名前に改名した男! しかし誰からも呼んでもらえず

イギリスのある男性が世界一長い名前に改名し、話題を呼んでいる。彼は、自らの名前を197文字という途方もない長さに変えたのだが、彼の友人たちは誰もその名前で呼んではくれないというのだ。

男性の元々の名前は「Nicholas Usansky(ニコラス・ウザンスキー)」という。実は過去に2回改名しており、1度目にファーストネームを「Barnaby(バーナビー)」に変え、2度目に漫画のキャラからとった「Marmaduke(マーマデューク)」をミドルネームに入れた。しかし納得できず、2年前に父親が亡くなったときに残されたわずかな遺産を使って、最後の改名を決意。かねてから気に入っていた名前を全部入れることにしたのだ。以下が彼の新しい名前である。

「Barnaby Marmaduke Aloysius(アロイシャス) Benjy(ベンジー) Cobweb(コブウェブ) Dartagnan(ダルタニャン) Egbert(エグバート) Felix(フェリックス) Gaspar(ガスパー) Humbert(ハンバート) Ignatius(イグネーシャス) Jayden(ジェイダン) Kasper(カスパー) Leroy(リロイ) Maximilian(マックスミリアン) Neddy(ネディー) Obiajulu(オビアジュルー) Pepin(ペピン) Quilliam(クゥイリアム) Rosencrantz(ローズンクランツ) Sexton(セクストン) Teddy(テディ) Upwood(アップウッド) Vivatma(ヴァイヴェトマ) Wayland(ウェイランド) Xylon(ザイロン) Yardley(ヤードリー) Zachary(ザークリー) Usansky」、である。

ご覧頂けばわかるように、アルファベット順に1つずつ名前を盛り込んだのである。この長い名前、法律的に問題はなく改名は受理されたとのことだ。

しかし残念なことに、彼の友人たちは「馬鹿なことをしたもんだ」と、酷評を浴びせる始末。そればかりか、以前からのあだ名「ニック」と呼ぶそうだ。どう考えても、あまり意味のないことだったように思われるのだが……。

screenshot:thescottishsun.co.uk

このニュースの元記事を読む

あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2011年1月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。