世界フィギュア、コーチもブロガーも大激怒

安藤美姫選手が銅メダルを獲ったフィギュアスケート世界選手権最終日。勝因を尋ねられたコーチのモロゾフ氏が「今回は誰の邪魔も受けなかったこと」 と発言。連盟の一部のメンバーが浅田真央選手に的外れな介入をしており、このままではバンクーバー五輪で日本の表彰台が危ぶまれると連盟を痛烈批判した、 といくつかのメディアが報道。これが大きな波紋を広げている。

この件については、多くのフィギュアスケート雑誌でライターを務める青嶋ひろの氏も自身のコラムで言及。

「フィギュアスケートは、いや浅田真央は今、ビッグビジネスの渦中にいる。彼女を取り巻く人々の思惑、大人の事情、過度の重圧……。そんなものが、 浅田真央の輝きを奪ってはいないだろうか。決して悪意ではなかったとしても、複雑に絡み合った様々なものが無邪気な彼女をを不安にさせ、ビジネスや利権、 人々の欲望が、やさしい彼女をすり減らしていないだろうか」

と浅田選手を取り巻く環境に不安の色をにじませた。

さらに世界フィギュアを終えて、フィギュアスケートの採点などを細かく解説するブログの1つである『Mizumizuのライフスタイル・ブログ』に はアクセスが殺到。Mizumizu氏は、優勝したキム・ヨナ選手の演技を「確かにすばらしかった」としながらも、「今回の異常な点数は、もはや発狂した としか思えない演技・構成点なくしては説明できません」。

驚くべきことに、今大会で優勝した男子シングルのライザチェック選手や、トリノ五輪で4回転を含む3連続ジャンプを決めるなど圧倒的な強さを見せつ けたプルシェンコ元選手に比べて、去年よりジャンプの調子を落としたキム選手のほうが「スケート技術で上回り、つなぎのステップでも上回り、演技・振付・ 音楽との調和でも上回っていた(とジャッジは判定した)」という、今回の演技・構成点について指摘する。


あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2009年4月1日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら