またまたまたまたまた『すき家』に強盗 / ネットユーザー「困った時はすき家」

またまたまたまたまた『すき家』に強盗 / ネットユーザー「困った時はすき家」
       

どうして『すき家』には強盗が入るのか? 数多くある牛丼レストランのなかでも、非常に高い頻度で『すき家』に強盗が入ってくる。2011年2月14日、愛知県豊橋市の『すき家』国豊橋下地店に強盗が入り、現金24000円を奪って逃走したという。

以前からインターネット上では「なぜか『すき家』にばかり強盗が入る」や「どうして『吉野家』や『松屋』ではなく『すき家』ばかりなのか?」という声があがっていた。今年に入っても強盗の数が減ることはなく、すでに5軒の『すき家』に強盗が入っているという。以下は、そんな『すき家』に対するインターネットユーザーの声である。

・インターネットユーザーの声
「困った時はすき家」
「すき屋に行くと金くれるのか」
「何の対策もしてないのか?」
「すき家で金を下ろしてるんだろ」
「俺がすき家に行く頻度より、強盗がいく頻度の方が高い」
「何かもう、金使い終わったからまた来た的なノリだよね」
「新手の脱税じゃねえの?」
「店員がいつか刺されそうで怖い」
「なんか強盗の登竜門的存在になってんな」
「食券制にすれば強盗来なくなるって松屋派がいってた」
「というかもうATM状態」
「ディアゴスティーニが『週刊:すき家での強盗』を出版しても良いころ」
「食券とか防犯対策費用出すより強盗された方がマシという思想」
「すき家で張り込みしてれば簡単に強盗捕まえられるだろ」
「店員に死人が出たらどうするつもりなの?」
「お茶漬け牛丼なんて作ってる場合じゃねえだろ!」
「すき家と強盗とどっちがアスリートなんだよ」
「食い逃げも異常に多そうじゃね? 会計呼んでも出てこねぇんだもんw」
「これはもう強盗の現場で牛丼作ってるだけだろ」
「強盗が、ダブルブッキングすることもあるんだろうな」
「そろそろ対策しないと何か起きたら叩かれまくるぞ」
「なんですき家って強盗がこんなに多いんだ?」

『すき家』の料理はどれも安くて美味しい。外国人も認めるほどの美味しさである。画期的な料理を開発し、多くの客たちが絶賛している。しかし、店員も客も安心していられる環境づくりや防犯対策も、料理の美味しさを追求する以上に大切な事である。今後の『すき家』の防犯対策に期待したいところである。

写真: ロケットニュース24.

このニュースの元記事を読む

ロケットニュース24の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年2月14日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。