【闇の大人たち】第23回:台湾ルポ ビンロウ娘はどこいった!

【闇の大人たち】第23回:台湾ルポ ビンロウ娘はどこいった!

東南アジアの国々には、檳榔(ビンロウ)という植物の種を噛む古い風習がある。石灰と一緒に噛むことで成分が反応。軽い興奮・酩酊感が得られるという仕組みで、つまりはタバコみたいなものだ。

吸血鬼みたいに歯が赤くなり、依存性があり、長期で嗜むと口腔がんになる可能性も指摘され、愛好家(ほとんど男)は年々激減しまくりだそうだが、それでもなお、檳榔愛好家がダントツに多い国といえば、お隣りの国・台湾である。販売店の数もおびただしく、販売合戦も熾烈だ。

檳榔を売るスタンドに、色っぽい女の子が目立つようになったのは、90年代半ば頃からか? 檳榔販売以外のサービスは特に無いらしいが、それでも男たちはババアより若い娘の店に足を運び、とりわけセクシーな娘から檳榔を買った。これを機に、町のあちこちで娘たちの激しい露出合戦が繰り広げられることになったのは言うまでもない。

檳榔売りのスケスケ少女たちは「檳榔西施=ビンロウ美女」と呼ばれ、衣装に使われる布の量は年を経るごとに減っていった。

スタンドの並ぶ一角は風俗街の如きで、よそ見して事故を起こすドライバーが激増。風紀上の問題もあり、野放しだった檳榔業界にも遂に規制の波が到来する。

かつてのカオス状態がまるでうそだったかのように、静かになった檳榔業界。だが、昔のピンクな黄金時代を忘れられないファンも多く、空港の土産店ではそんなマニアのために生み出された究極の商品「ビンロウ絵葉書」が絶賛発売中!

線にそって切り込みを入れ、指示通り折り目を入れれば、ちょっとしたビンロウ・ジオラマが完成。目を閉じれば瞼の裏にあの喧騒が……。一枚40元、お土産にぴったりだ。
(取材・文・写真=クーロン黒沢

このニュースの元記事を読む

あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2011年4月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。