【原発10~20キロ圏内取材】南相馬市小高区の最新映像 / 2011年4月9日撮影

【原発10~20キロ圏内取材】南相馬市小高区の最新映像 / 2011年4月9日撮影

取材班は2011年4月上旬に福島県南相馬市や浪江町を徹底取材。4月9日は昼過ぎから夜にかけて南相馬市小高区を取材。ここは福島第一原子力発電所から半径10~20キロ圏内の地区である。

記者は東京都内を早朝に出発し、昼過ぎに南相馬市のホテルに到着。飲食店や商店などの状況をスタッフに取材したところ、ある程度の店は営業していることが判明した。このホテルや営業している飲食店は福島原発から半径30キロ圏内だが、普通にやっているようだ。しかし、材料が少ないので臨時休業する可能性もあるという。記者は都内で用意したカロリーメイトや水を食べて過ごした。

昼過ぎ、動物保護団体のスタッフたちに同行取材をし、動物たちの現状を取材するとともに避難地区の現状も取材。異様な空気に包まれた街なみに衝撃を受けた。まず最初に向かったのは、ゴーストタウンと化した南相馬市小高区。ここはJR小高駅をメインとした小さな町になっているのだが、完全に倒壊した建物や、斜めに傾いて今にも崩れそうな建物があるなど、非常に危険な地域である。

3月11日の東北地方太平洋沖地震で崩れた建物もあるようだが、余震で斜めに傾いたり倒壊してしまった建物もあるようだ。数日前に小高区を訪れた人は「2日前に崩れた建物もあるんですよ。今になって崩れている建物もあるから危険なんです」と語っていた。

このゴーストタウン状態の町を走っている自動車のなかには、金品を盗もうとしている泥棒もいるという。動物保護団体のスタッフも、怪しい自動車を何度も見かけたと語っていた。パトカーも巡回しているが、場所が場所だけにその台数は少ないようだ。パトカーに乗っている警察官は制服ではなく、真っ白な防護服とマスクをしていた。取材班や動物保護団体スタッフも空気や水を通しにくい服装をし、ホテルに戻る前に保健所でスクリーニング(放射線量検査)を受けた。


あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2011年4月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。