【辺境音楽マニア】まだあった! ロシアの究極トンデモ日本風ヒップホップビデオ!! サムライが出て来て宇宙爆発

【辺境音楽マニア】まだあった! ロシアの究極トンデモ日本風ヒップホップビデオ!! サムライが出て来て宇宙爆発

今までに、この「辺境音楽マニア」では、ドイツの「Genetikk」や、フランスの「IAM」など、インチキ日本かぶれヒップホップを紹介している。ドイツとともに、ビデオクリップに日本的要素を取り込むことが大流行しているのが、今のロシアのヒップホップシーンだ。そのロシアとドイツは、アメリカに次いで世界最大規模のヒップホップシーンを形成している。

以前紹介したサハリンのロシアンヒップホップに続いて、日本好きなロシアのヒップホップシーンについてお伝えしよう。

・独ロ両国ヒップホップシーンのボスが日本好き
ドイツとロシア、この両国のヒップホップシーンには意外な共通点がある。それは、両国それぞれのヒップホップシーンのボスが、日本好きであることだ。ドイツの方は「Bushido」というチュニジア系ギャングスタラッパーで、彼のおかげでドイツでは「Chakuza」や「Alligatoah」「Joshi Mizu」など日本語風の名前のラッパーが増殖してしまっている。

一方ロシアのヒップホップ界に君臨するボスは、ロストフ・ナ・ドヌ出身の「Баста」。この第一名称自体は日本語ではないが、彼は3つの名前を使い分けており、2つ目の名前は「N1NT3ND0」、つまり日本のゲーム「任天堂」である。3つ目の名前は「Noggano」だ。「Баста」はロシア最大のヒップホップレーベル「Gazgolder」を運営しており、傘下には数多くの優良ラッパーを従えている。

あわせて読みたい

ロケットニュース24の記事をもっと見る 2017年5月27日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。