テイラー・スウィフトとレコード会社との新契約、他の所属アーティストにも恩恵

テイラー・スウィフトとレコード会社との新契約、他の所属アーティストにも恩恵
テイラー・スウィフトとユニバーサルが交わしたSpotifyの支払いをめぐる新契約には、何千人もの所属アーティストも対象となる、金銭的なある条件が盛り込まれているという。

米現地時間11月19日月曜日に発表されたテイラー・スウィフトとユニバーサル ミュージック グループ(UMG)、そして傘下のリパブリック・レコードとの新しいレコード契約には、スウィフトが長年待ち望んでいた異例の条件が盛り込まれた。レコード会社との合意の一環としてUMGは今後、Spotify株式売却によって得た資金の一部を控除せずにアーティストに還元しなければいけない。

対象となるのはスウィフトだけでなく、すべての所属アーティストも含まれる。

今回の合意には、包括的ないし曖昧なただし書きがある。3大メジャーレコード会社であるUMG、ソニーミュージック・エンタテイメント、ワーナーミュージックは数年前からそれぞれがSpotifyの株式を所有しており、どこかの時点でスウェーデン発の音楽ストリーミング会社の株式を売却することで得る資金をアーティストに還元することに3社は同意していた。こうしたコミットメントを3社のなかでも最後に掲げたUMGは、Spotifyがニューヨーク証券取引所に上場する直前の3月にアーティストたちに「株式売却によって得られた利益を分配する」と宣言していた。しかし、月曜日に結ばれたスウィフトの契約によると、想定される株式売却によってUMGのアーティストは、たとえそのアーティストがUMGから前払いで受け取った金額を回収できずに赤字状態にあっても、その契約状況に関わらず利益を受け取れることが関係者情報によって明らかになった(ソニーは今年の初めにSpotifyの株式を売却した際に同様のことを行なっている。それに対し、ワーナーはアーティストの債務を無視することを拒否し、株式売却によって得られた利益の大半はワーナーが回収する形となった)。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. テイラー・スウィフト 公演
  2. テイラー・スウィフト 曲
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2018年11月21日の音楽記事

「テイラー・スウィフト + 公演」のおすすめ記事

「テイラー・スウィフト + 公演」のおすすめ記事をもっと見る

「テイラー・スウィフト + 曲」のおすすめ記事

「テイラー・スウィフト + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アリアナ・グランデ」のニュース

次に読みたい関連記事「アリアナ・グランデ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。