BTSが初の快挙、最多再生アーティストはドレイク Spotifyが2018年の各種ランキングを発表

BTSが初の快挙、最多再生アーティストはドレイク Spotifyが2018年の各種ランキングを発表
Spotifyが2018年の音楽シーンを振り返るランキングを発表。世界で最も再生されたアーティストはドレイク。BTS(防弾少年団)が、最も再生されたグループランキングで世界2位というK-POPアーティストとして初の快挙を成し遂げた。

2018年に世界で最も聴かれたアーティストは、2015年と2016年にも首位に立ったドレイク。今年発表したアルバム『Scorpion』とシングル「Gods Plan」(再生回数10億以上)は、それぞれ今年世界で最も聴かれたアルバムとシングルとなった。ドレイクは今年だけで82億回再生され、Spotifyで歴代最も再生されたアーティストとなっている。

女性アーティストでは最新アルバム『Sweetener』、ならびにシングル「thank u, next」(再生回数2億1,000万回以上)がともに好調なアリアナ・グランデが、昨年首位のリアーナに替わって、今年世界で最も聴かれた女性アーティストに。アリアナの月間リスナー数は4,800万人強で、今年だけで30億回以上再生された。

2018年もヒップホップは依然として存在感を発揮し、Spotifyの各種チャートを席巻。一方、昨年世界的にブームを巻き起こしたラテン音楽も引き続き多くのリスナーに聴かれ、さらなる飛躍を遂げている。ラテン系のアーティストが世界で最も聞かれたアーティストランキングのトップ10に3組(4位 J.バルヴィン、7位 Ozuna、8位 バッド・バニー)エントリーしているほか、今年ヒット曲を連発したカミラ・カベロが、最も聴かれた女性アーティストの5位にランクイン。プレイリストでも、ラテン系音楽の人気プレイリスト「¡Viva Latino!」と「BailaReggaeton」がそれぞれ今年世界で最も聴かれたSpotifyプレイリストの3位と4位にランクインした。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2018年12月4日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。